シングルマザー

一般的に、風俗嬢というのは20代といった若い女性ばかりが働いているような印象を持たれるでしょう。ですが、今では30代や40代といった中高年の女性も風俗店では多く働いているのです。しかも、30代から風俗店で働き始めるといった女性も決して少なくはありません。なぜ30代から風俗店で働き始めるのかと疑問に思うかもしれませんが、それには人それぞれ理由というものがあるものです。その中に、「シングルマザー」の女性が30代から風俗店で働き始める傾向にあるような気がします。

風俗店で働く女性は全国で約30万人いるといわれており、その中でシングルマザーの女性は4人に1人だというようにもいわれています。
そもそも、今の日本では離婚による母子家庭世帯は年々増えており、シングルマザーとして子どもを育てること自体珍しいことではなくなってきているのです。また、結婚せずに女手一つで子どもを育てていくことを選ぶ人も少なくはありません。ですが、シングルマザーになることを選べば、必ずといっていい程金銭的な問題に直面してきます。子どものために風俗店で働くことを選んでも、なかなか人には言いだせずに悩みを一人で抱え込んでしまう人も多いのです。そういったシングルマザーの女性を応援すべく、今の風俗業界でも大きな手助けをしようと心掛けています。

まず、その一つ目に挙げられてくるのが「託児所」というものになります。たとえば、「託児所紹介あり」、「託児所手当あり」といった風俗求人がたくさんあるのです。また、大手グループなどは託児所の利用が無料というお店もあったりもします。次に、かなり融通を利かせてくれるといったものもあります。風俗店では出勤などにもかなり融通が利き、急にお金が必要になって今から働きたいという場合であっても、何の資格も持たずに身一つで働けばお金が入ってくるのです。逆に、「出勤するつもりだったけど急に子どもが熱を出した」、という場合も罰金対象外となったりする配慮もなされているのです。

最後に、風俗店の中には即日入居可の寮やマンションが完備されているお店があります。安い寮で他の女性たちとシェアハウスというところも多いですが、しっかり一部屋借りられて子どもも一緒に入居できるところもあるのです。寮完備であってもそれがどのようなものかわからなければ何の意味もありませんので、もし本当に寮が必要であるのなら入店前の面接でしっかり聞いておくようにすることで不安は回避できるはずです。子どもというのはどういった立場であろうと人権ある一人の「人間」ですので、母として子どもの自由を奪わぬよう、国から取得できる手当は取得して子どもを守らなければならないのです。