熟女店は多く存在する

実際、30代や40代から風俗店で働きだすとなれば、一般的には「熟女店」と呼ばれる業種の風俗店で働くことになるでしょう。熟女店といえどもサービス内容は至って普通で、働く女性の年齢層が高い以外は一般のファッションヘルスと何ら変わらないサービス内容となってきます。後、ピンサロやソープランド、M性感などはそこまで募集をかけているということがないかもしれませんが、デリヘル店に限っていえば熟女店はどこにでもあり、その大半のお店が30代からの女性を募集しています。ですので、働くお店を探すこと自体そここまで難しい問題では決してないはずです。それと、最近では勤務体系がゆるくなってきているという傾向もあり、週一回からでも働くことが可能となっているデリヘル店も増えてもいます。お小遣いは欲しいけど旦那にバレるのが怖いという人でも、週一回や時間に融通を利かせてくれるデリヘル店で働けばまずバレることはないでしょう。ちなみに、仕事終わりに週一回3時間程度働くという女性もいることから、自分に合ったシフトを作れて働きやすいというのも大きなメリットの一つだといえます。

まず気をつけてほしいことに、お店を選ぶ際には必ず2店舗は見ておいたほうがいいということです。自分を雇ってくれるとこならどこでもいいという考えで行くと、かなり足元を見られて安月給で働かざるを得ないということが多いからです。デリヘル業界が不況だといえども、人材確保は積極的に行われているので引く手数多でもあります。30代や40代だからといって自分を安売りせず、長続きできそうなお店で自分の納得いくお給料を出してくれるお店で働くようにしなければ長続きはできないのです。

次に、熟女がデリヘル嬢をしていると言ったら「テクニックがあるだろう」、「気持ちよくしてくれるだろう」と思っている男性がほとんどになります。悪く言えばハードルを上げられたという形になり、熟女の素人さんにとっては厄介に思うことでしょう。しかし、多くの場合はその逆のパターンになるケースが多いのです。たとえば、あまり気持ちよくなれなかったとしたら、熟女相手に気持ちよくなれなかった自分が悪いのかもしれないと思ってくれるのです。後、熟女に対するイメージというのが有利に働くことがあり、それは包容力があって献身的なプレイをしてくれるという先入観になります。よほどのことがない限り、先入観から「熟女はサービスがいい」と思ってくれる男性が多いのです。こういったように、いくら30代や40代だからといって決して悲観になる必要は全くないといっていいでしょう。

30代からの風俗求人

30代や40代から風俗店で働こうと考える女性も、今となっては決して珍しい話でもないような気もします。それぐらい30代や40代でも働ける風俗求人というのも増えてもいるのです。今まで風俗店で働いたことのない30代の女性が、離婚などでお金を稼ぐため、一人暮らしをしたいためなどといった理由で風俗嬢になってお金を稼ぎたいという女性は少なくはないはずです。その際に懸念されることが、今まで風俗嬢をやったことない人間がいきなり風俗店で稼ぐことができるかということになります。

まず率直に言いますと、絶対といっていいほど稼ぐことはできるということです。風俗店の中には「熟女店」と呼ばれる30代以上の女性が働いている風俗店がかなり多く存在しており、さらに言えばかなりの人気があるといっても過言ではないのです。値段は若干安いかもしれませんが、やる気があればすべてのデリヘル店で落とされるということはまずないと考えていいでしょう。そもそも、風俗嬢というのは長年働けないというのが常識的見解でした。そして、寿命が短いから総合的に見たら稼ぐことができないといわれがちだったのですが、年齢だけ見てそういっているのであればそれは大きな間違いでもあるのです。確かに、長年風俗店で働いているとシャワーを浴びる回数が多かったり、ローションを使うことが多いからという理由で肌が荒れるかもしれませんが、30代になったからといって一気にお客様からの指名がなくなるという訳ではないのです。そういったことで、今でも30代向けの風俗求人は多く存在してきます。

ちなみに、風俗店を利用するお客様の年齢層というのは、20代~60代までといった幅広い年齢層に多く利用されています。仮に、男性が若い女性が好きだとしても、50代や60代から見たら30代はものすごく若い部類になります。20代では話にならないということで30代後半から50代くらいの女性を指名する人も多く、さらに甘えたがりの若者も多いということから、30代からでも風俗嬢になっても何の問題もないのです。かなりの高級店ではないと思いますが、風俗嬢のリサイクルが早いということからどのお店も募集をかけているという状況がほとんどでもあります。もし、30代や40代だからといって風俗店で働くことをためらっているのであればそれは大きな間違いであり、お店のコンセプトにもよりますが実際には30代や40代の女性というのも多く求めているお店は多いのです。

シングルマザー

一般的に、風俗嬢というのは20代といった若い女性ばかりが働いているような印象を持たれるでしょう。ですが、今では30代や40代といった中高年の女性も風俗店では多く働いているのです。しかも、30代から風俗店で働き始めるといった女性も決して少なくはありません。なぜ30代から風俗店で働き始めるのかと疑問に思うかもしれませんが、それには人それぞれ理由というものがあるものです。その中に、「シングルマザー」の女性が30代から風俗店で働き始める傾向にあるような気がします。

風俗店で働く女性は全国で約30万人いるといわれており、その中でシングルマザーの女性は4人に1人だというようにもいわれています。
そもそも、今の日本では離婚による母子家庭世帯は年々増えており、シングルマザーとして子どもを育てること自体珍しいことではなくなってきているのです。また、結婚せずに女手一つで子どもを育てていくことを選ぶ人も少なくはありません。ですが、シングルマザーになることを選べば、必ずといっていい程金銭的な問題に直面してきます。子どものために風俗店で働くことを選んでも、なかなか人には言いだせずに悩みを一人で抱え込んでしまう人も多いのです。そういったシングルマザーの女性を応援すべく、今の風俗業界でも大きな手助けをしようと心掛けています。

まず、その一つ目に挙げられてくるのが「託児所」というものになります。たとえば、「託児所紹介あり」、「託児所手当あり」といった風俗求人がたくさんあるのです。また、大手グループなどは託児所の利用が無料というお店もあったりもします。次に、かなり融通を利かせてくれるといったものもあります。風俗店では出勤などにもかなり融通が利き、急にお金が必要になって今から働きたいという場合であっても、何の資格も持たずに身一つで働けばお金が入ってくるのです。逆に、「出勤するつもりだったけど急に子どもが熱を出した」、という場合も罰金対象外となったりする配慮もなされているのです。

最後に、風俗店の中には即日入居可の寮やマンションが完備されているお店があります。安い寮で他の女性たちとシェアハウスというところも多いですが、しっかり一部屋借りられて子どもも一緒に入居できるところもあるのです。寮完備であってもそれがどのようなものかわからなければ何の意味もありませんので、もし本当に寮が必要であるのなら入店前の面接でしっかり聞いておくようにすることで不安は回避できるはずです。子どもというのはどういった立場であろうと人権ある一人の「人間」ですので、母として子どもの自由を奪わぬよう、国から取得できる手当は取得して子どもを守らなければならないのです。